_config.yml

_config.yml は次の情報を入れます。

remote_theme: ankitsultana/researcher@gem

title: Researcher テーマ
lang: ja
url: "https://remotetheme.github.io"
baseurl: "/researcher"

ins_logo: "./bits-logo.png"

tracking_id: UA-OOOOOOOO-O

footer: yes
footer_url: "https://remotetheme.github.io/"
footer_text: "remotetheme.github.io"

nav:
 - name: "ホーム"
   link: "/"
 - name: "Markdown"
   link: "/markdown"
 - name: "remotetheme.github.io"
   link: "https://remotetheme.github.io/"
remote_theme: ankitsultana/researcher@gem

このテーマ Researcher を使用する場合に指定します。

lang: ja

オリジナルでは不要ですが、テンプレートを変更して付加してあります。

title: Researcher テーマ

ヘッダに表示されます。省略した場合はリポジトリ名が反映されます。

url: "https://remotetheme.github.io"
baseurl: "/researcher"

https://remotetheme.github.io/researcher/ で公開する場合は上のように記載します。 url および baseurl の末尾に / を含めないで下さい。

ins_logo: "./bits-logo.png"

ロゴを追加します。

tracking_id: UA-OOOOOOOO-O

Google アナリティクス の トラッキング ID を入れると、
ソースにトラッキングコードが付与されます。
Google アナリティクス 4 のコードは非対応です。

footer: yes
footer_url: "https://remotetheme.github.io/"
footer_text: "remotetheme.github.io"

フッターを付加します。全体が footer_url のリンクになります。

nav:
 - name: "ホーム"
   link: "/"
 - name: "Markdown"
   link: "/markdown"
 - name: "remotetheme.github.io"
   link: "https://remotetheme.github.io/"

フッターにメニューを表示します。


.md ファイル

テンプレートdefault.html のみです。
そのため Front Matter を入れず、本文のみの .md ファイルで構いません。


テンプレートファイル

_layouts/default.html ソース

オリジナルのテンプレートファイルに問題があったため、
ここでは改良したテンプレートファイルを使用しています。


テーマのプロジェクト・ソース

より詳細な設定などはこちらを参照して下さい。

https://github.com/ankitsultana/researcher



remotetheme.github.io